フットサルの主な反則


フットサルの主な反則


FUTSAL START

①ショルダーチャージとスライディングタックル(GKも含む)は禁止です。

スライディングそのものは反則ではありません。


例えば、GKが自陣のペナルティーエリア内で、かつセービングのために

スライディングするプレーや、ボールがタッチを割りそうな時、

スライディングをしてピッチ内にボールを保とうとするプレー等。

(相手プレーヤーに対してのスライディングは反則です。)


②GKから出されたボールはハーフウェイラインを越えるか、

相手競技者が触れるかしなければGKに戻すことはできません。

戻されたボールをGKが触れたときは、その地点から相手チームの

間接フリーキックとなります。

ただし、その地点がペナルティーエリア内の場合は、

その地点に最も近いペナルティーエリアのライン上からの

間接フリーキックとなります。


③競技者が退場を命じられたチームは、2分間経過後に

交代要員のなかから競技者を補充することができます。

ただし2分間経過する前に得点された場合は、

その直後に選手を補充することができます。

3人対3人、4人対4人など、両チームが同数の競技者であったり、

人数が少ないチームが得点した場合、

いずれのチームも競技者の補充はできません。

退場を命じられた選手はピッチ(ベンチも含む)から

離れなければなりません。