ボールを受ける前の動き


ボールを受ける前の動き


FUTSAL START



味方からのパスを正確にトラップできるようになったら、

ボールを受ける前の動きを工夫しよう! 

では、どんな工夫ですか? と言うことですが、

「相手からプレッシャーを軽減する動き」 をすることです。


どんなに上手い選手でも、相手ディフェンダーにプレッシャーを受けている

状態では、容易にボールをコントロールすることは難しくなります。

たとえ、ボールをキープできたとしても、すぐに圧力(プレス)がかかり、

スピードを抑えられたり、ボールを奪われたり。


そうならないように(なりにくく)するためにも、相手のプレッシャーを

受けにくい状態でボールを受ける努力をしよう!


ボールを受けたときに相手より優位な体勢をとることにより、

次に生まれるプレーに繋がります。

決定的なパスだったり、シュートに繋がるドリブルなど。


では、具体的にはどうすればいいのでしょう?


まずは、周囲の状況を常に把握しておくことが重要になります。

ルックアップをして、自分の周りのどのあたりにどのくらいのスペースがあり

味方や相手との位置関係など、リアルタイムかつ

数秒先の展開も視野に入れることです。

※ あなたは、360度の視野を持っていますか?


そのなかで、いくつかのイメージ(プレーの選択肢)を

たくさん持つことでプレーの幅も広がります。

何が安全でリスクのないプレーなのか?

また、相手の嫌がるプレーは何か? など。