ポストからのシュート練習



ポストからのシュート練習


FUTSAL START



この練習は、ピヴォが攻撃の起点となるポスト(柱)の役目をし、

走りこんできた見方にラストパスを出す練習です。


実践では、相手陣内でのプレーになるためプレッシャー

(背中にディフェンダーを背負う形)になるケースが多いです。


ピヴォは前線で点を取ることも仕事ですが、ポストプレーで

見方を生かすラストパサーとしても重要なミッションのひとつなのです。


味方のピヴォにボールをパスして、「落しのパス」をシュートする。




パスを出した後に、左右どちらかにフェイクを入れる。

ピヴォに左右どちらにボールを出してもらうかコーチングする。

ピヴォは、背後にディフェンダーを背負っている状況で取られないようにキープ。

ディフェンダーは、適度にピヴォに対してプレッシャーをかける。




上の図は、ポストを2人置き、ダイレクトパスのワンツーでシュート練習。

最初のBへのパスは、強めのパス。 最後のCへのパスはやさしいパスで

打ちやすい落としのパスをしっかりシュートしよう!