ダイヤモンドフォーメーションの守備



ダイヤモンドフォーメーションの守備


FUTSAL START



相手ピヴォへなるべくボールを入れさないようにゾーンとマンツーマンで守る。




Yがボールをキープしている状態では、Bがけん制に行く。

ドリブルでカンタンに抜かれないように腰を落とし、

両手を広げると相手に容易に抜かれることはないと思います。




YがZにパスしたばあいは、Cがプレスに行く。

AとBは図の位置まで下がり、相手PIVOへのパスコースを消してしまう。

また、Bが下がるのにはもうひとつ理由があります。

それは、CがZに抜かれてしまったときにすぐにカバーをするためです。

これをダブルカバーリングといいます。味方が抜かれても、

フォローできるポジションに移動することは非常に大切なことです。