ダイヤモンドフォーメーションからの攻撃-その3



ダイヤモンドフォーメーションからの攻撃-その3


FUTSAL START



ピヴォにボールをあて、3人目の選手がシュート。




相手がFIXOを残して、プレスに来ているので後方のスペースを使う。




後方でパスをまわしていると相手のプレスに押されてしまいます。

Dは、プレスに来ているYに気をつけ、シンプルに前方のAにパス。

CとDは、相手ディフェンスを振りぬき、それぞれスペースに走りこむ。

Bは、状況をみて攻撃のフォローに入るもよし。

図ではカウンターを警戒してディフェンスに入る。




ボールを受けたAは走りこんできたCに「落とし」のパス。

Cは、フリーでシュート。

状況次第ですが、DはAにパスを出している分、相手に注目されています。

故に、この攻撃例ではAはCへのパスを選択しています。