3人で鉄壁守備


3人で鉄壁守備


FUTSAL START



フットサルは対戦チームより1点でも多く得点を取れれば勝てるゲーム。

逆に言うと1点でも少なく得点を取られなければ負けることはありません。

失点を減らすことが勝利への近道!!


得点されるパターンはいろいろありますので、

失点パターンを把握し同じ失敗をしないことが大切です。


とは言っても、すべてのパターンに対応することは困難ですよね。

そもそも、守り方がわからない。なんとなく守ってる。

そのようなチーム、プレーヤーが多いのではないでしょうか?


ここで紹介する守備システムはとてもシンプルです。

シンプルだからこそ、練習すればすぐにマスターできます。


シンプルな動きですが、とても強力な守備システムですから

ぜひあなたチームでも導入してみてくださいね!!


【3人で鉄壁守備】はディフェンスの3人が連動して守備をします。


守備の基本形(決まり事)はたったの2つです。

サイド攻撃と中央からの攻撃に対する守備。


それでは守備システムを解説します。図を参照。





サイド攻撃をされた場合(上図)

・ボールをキープしている相手をA・Bで守る。

・Cは、中央に移動しスペースを埋める。


中央から攻撃をされた場合(真ん中の図)

・ボールをキープしている相手をBで守る。

・A、Cは、Bをカバーしつつ左右の攻撃陣をマーク。


サイド攻撃をされた場合(下図)

・ボールをキープしている相手をB、Cで守る。

・Aは、中央に移動しスペースを埋める。


さらに守備のポイントとして、常に数的優位になること。

対峙している相手に1人が突破されても残りの2人でカバーする。

個人で守るのではなく、全員が連動連携して守備をする。

ゴーレイロを含めてシュートコースは塞いでおく。


相手がトラップミスをしたりシュートミスをすれば

すぐさまカウンター攻撃をできる体制にしておく。


いつも大量失点をしてしまうチーム。残り時間を守って逃げ切りたい。

そんな時、このシステムが有効です。


練習では攻撃陣と守備陣に別れます。

ボールをサイド→中央→サイドと動かしてください。

ボール位置により守備位置とカバーリングを確認。


基本的な守備の方法を知っておくだけで迷わないし、

失点してしまった時も修正がしやすくなります。